マイホームの窓の位置には気をつけて

狭い土地に一戸建て住宅を建てる場合、「窓」にも気を配りましょう。もちろん、日照量を確保するための工夫も大事です。

 

日照量を確保するために、一般的な窓のサイズよりも大きめサイズの窓をつけるのもいいでしょう。そしてまた、天井に窓を設けるいわゆる「天窓」を設けたりする工夫も良いでしょうね。

 

けれどもその際に、気を配った方がいいことがあるのです。とくにお隣りの住宅との距離が近くなってしまうような土地にマイホームを建てる場合はなおのこと、注意しておいた方がいいものがあるのです。

 

それは何かといわれれば、それはもちろん「窓の位置」です。 「窓の位置」は結構忘れられがちなのですが、実はなかなか重要ですから。アパートやマンションなどの集合住宅でしたら話は別です。

 

なぜなら、隣の世帯とは完全に壁で分けられていますからね。もちろん隣の家の様子がわかる窓なんてものもありません。 けれどもこれが一戸建て住宅の場合ですと、隣の家と自分の家の窓の位置が悪ければ、家の中が見られてしまう、もしくは見えてしまうような生活となることもありますから。

 

そうなってしまってはせっかくのマイホームライフが息苦しくなってしまうものです。ですからこそ、土地に余裕がない場合はとくに「窓の位置」には気を配った方がいいのです。