私が感じたリフォーム業者としての一言

私は小さな町の小さなリフォーム会社に10年ほど勤務していました。 お店にシステムキッチン、システムバス、トイレなどを展示し、チラシを出すことから始めます。

 

時には展示品を安く販売したり、イメージプランをチラシに掲載したりして集客します。 問い合わせのあったお客様のお宅を訪問し、お客様のご要望をお聞きしてプランをご提案します。

 

もちろんご予算にあったプランをです。 私たちリフォーム業者の立場から言わせていただければ、お客様との打ち合わせの段階で、どれだけ客様のご希望をかなえ、どれだけプランを大きく広げて差し上げられるかが勝負となります。

 

時にはメーカーの展示場まで一緒に足を運び、お客様の納得がいくまで話し合います。 それを図面にあげ、見積書と一緒にご提案します。何度も、何度も話し合い、訂正し、また図面にあげ直します。 お客様が納得していただいてやっと工事着工です。

 

数ヶ月かかることもありました。お客様にしたら当然のことです。何十万、何百万もかけて住み慣れた家をリフォームするのですから・・・ 私がこの仕事をしていて、一番やりがいを感じる瞬間は、工事が完了した時のお客様からの感謝の一言です。

 

「あなたに頼んで本当に良かった」この一言がこれまでしてきた苦労が報われます。