吹き抜けのあるリビングルームは冬場は辛い?

最近の狭小住宅に、わりと多く取り入れられているものといえば、「リビングルーム上の吹き抜け」ですが、ハッキリ言って寒いです。

 

いや、暖房をガンガン炊けば寒くはないのですけれど、しかしこれまでこまごまと仕切られていたアパートで生活をしてきたところから、開放的な吹き抜けの住宅になりますと戸惑うものです。そしてなかなか、吹き抜けのある住宅に対応できないものです。

 

だって、暖房をガンガン炊くのはもったいないように感じてしまいますから。「この住宅は一室空間なんだし、こういうものだ!」と割り切って、部屋全体が温まるように暖房をつけておければいいのですが、どうしても「もったいない」という気持ちが先立ってしまって、そしてケチケチしてしまいますね。

 

しかし、吹き抜けのあるリビングルームは、ちょっと暖房をつけたぐらいでは温まりませんから。温まるのに結構な時間がかかりますからね。だって吹き抜けですから、床から天井までが高いものですから。

 

天井にファンがついてフル稼働してくれているとはいえ、部屋が温まるまでには時間がかかります。夏場は涼しくていいのですけれどね。冬場の吹き抜けリビングはちょっと寒いなーと、いつも感じています。